水虫薬の上手な使い方

足水虫治療の基本は、病状のある部分に薬を塗って白癬菌を削除することです。軽い度合の水虫であれば、適切な薬を使い続ければ、数週間で完治することも珍しくありません。ここでは効果的な塗り薬の使い方を紹介します。

水虫の塗り薬 (外用剤) は、いくつかの種類があります。白癬菌を削除する効き目は基本的に同じですが、病状のある部分の状況に合わせて選ぶ必要があります。

ローション
最も流動性があり、完全な液体タイプの薬です。
ベタベタせずに塗り心地がよいのがメリットですが、
アルコールが含まれているため、皮膚への刺激が強いのが難点です。
頭部白癬など、毛の多い場所にしみ込ませるときにおすすめです。
クリーム
適度な流動性を持つタイプの薬です。
塗った後のサラサラ感はローションに劣りますが、
皮膚への刺激は強くなく、薬がよく伸びるので使いやすい種類と言えます。
通常の水虫にはクリームを使うとよいでしょう。
軟膏
クリームよりも固形に近いタイプ。
そのため、塗った部分がベタベタしてさわれなくなります。
軟膏は油によって水をはじく性質があるため、
ジクジクした水虫に適しています。

前に言った水虫治療薬を購入したいなら:水虫薬激安通販|感染症治療というサポートページに利用してみてください。ローション、クリーム、軟膏のようなたくさんタイプが囲まれています。私の場合、よく利用するから、悪くないよ!

効果的な使用方法
水虫薬が侵入しやすい時に使用する白癬菌がいるのは、皮膚の奥です。当然病状のある部分の表面にもいますが、それらは水虫薬を使わなくても洗えば落とせます。水虫薬で除去する必要があるのは、内部に入り込んでいる (=感染している) 白癬菌です。よって、皮膚の内部まで薬を浸透させなければ意味がありません。

水虫薬が一番奥の皮膚内まで浸透しやすい頃合いとは
それは風呂が終わった後です。足の裏の皮膚は厚く硬くできていますが、風呂が終わったら柔らかくなっているため、薬が浸透しやすいのです。このタイミングで薬を塗ると、白癬菌に高い効果を発揮します。風呂上がりならばちょうど靴下も脱いでいるので、手間も省けるでしょう。病状が出ていない部分にも塗る

白癬菌の潜伏について、
白癬菌が付着してから水虫の病状が出るまでには数年単位の時間を必要します。それはつまり、まだ病状が出ていない部位にも白癬菌がいる可能性があるということです。水虫薬は水疱や皮剥けが起こっている部分だけでなく、一見正常に見えるところにも念のため塗っておくことです。もちろん全身に塗る必要はありませんが、水虫の病状が出ている場所の付近にも塗っておきましょう。また、片方の足だけが水虫になっている場合でも、もう片方の足にも、頻度は低くてよいので塗っておきましょう。

病状が治まっても使い続ける
繰り返しになりますが、水虫の病状が治まったからといって、白癬菌が死滅したとは限りません。白癬菌が少なくなっても、しばらくすれば増殖して元の病状をぶり返します。また、白癬菌には季節性があり、夏は病状が強くなりますが、冬は弱くなります。しかし、白癬菌自体は夏も冬も生きていますから、病状の有無にかかわらず治療を続けなければなりません。顕微鏡検査によって白癬菌の存在が完全に否定されるまでは、水虫薬を塗り続けてください。

☟性感染病治療薬をオススメ

レボフロックス

クラビット

アジー

アジー