水虫の原因

水虫は、よくには「足白癬」といい、たくさん性病の種類の一つです。その白癬菌、皮膚の表面にある角質の成分である「ケラチン」が栄養で、股間に感染すると、いんきんたむしになります。白癬菌はどこにでもいる菌で、土の中などにも存在しています。

また、白癬菌の生命力がとても強く、水虫の人の足からはがれ落ちたあかや皮膚の中でも生き続けます。白癬菌がもっとも活発に活動するのは、温度26度以上で湿度70%以上の環境。つまり、湿気があって暖かいところに多く生息しています。

白癬菌が活発に増殖を始めてしまう条件:

・ 温度:15度以上

・湿度:70%以上

・ 時間:24時間以上

例えば水虫の人が歩いた床やマットの上を素足で歩いたり、長い時間同じ靴や靴下、スリッパを履き続けて汗をかいたりすることで水虫ができやすい環境ができあがり、水虫を発症する確率が高くなります。白癬菌は、温度が15度以上で湿度が70%以上になると急激に増えだします。

白癬菌がたくさんいそうな場所:

・スーパー銭湯

・足湯

・スポーツジム

・プール

・不特定多数の人が使う足ふきマットやスリッパ

・ デイサービスでの入浴や高齢者施設

体のどこかに付着した白癬菌は、皮膚の一番外側にある角質層(いわゆる垢)に入り込み、増殖することで症状を引き起こします。しかし、白癬菌自体は強い菌ではないので、皮膚に付着しただけでいきなり感染するということはなく、「付着」+「温度・湿度・時間」で菌が増殖・定着して、水虫の原因になっていきます。